​診療内容

01.

心の問題や悩みについてじっくりとお話を伺い、医学的見地や日常生活についての助言を的確に伝え、

問題や課題、症状を共有し、解決に向けたアドバイスや気付きを促します。

マインドフルネスやwell being実践も取り入れ、セルフケアの充実や現実の世界で自分らしく豊かに生きていけるよう、お手伝いさせて頂きます。

(マインドフルネスとは新たな治療法です。うつや不安症の治療効果だけではなく、健常人の生活の質を高める作用もあります。)

 

うつ病をはじめとする精神疾患は、早期発見・早期治療がとても大切です。

職場などでの人間関係の悩み、出社困難、不登校、親子関係や夫婦関係、恋人との問題、子育ての悩み、など、お気軽にご相談ください。

02.

当院では、医師の診察だけでなく、心理士によるカウンセリングも併用して行っております。​

現在、カウンセリングは【水・金】で行っております。

カウンセリングとは、カウンセラーとの対話を通して生活における様々な困難を乗り越えることや、人生における様々な課題をサポートするものです。

1人で抱えているお悩みを話すことで、気持ちがすっきりしたり、考えを整理出来ます。ご自身の抱える問題に対する気付きを得たり、理解を深めたりしながら、悩みや困りごとの解決を目指していきます。

カウンセリングでは、認知行動療法、マインドフルネス、精神分析療法などがあります。

その人それぞれに適したカウンセリングを提案しながら進めていきます。

カウンセリングのご利用は、こころの病を持つ人だけに限られません。
恋愛の悩みやご家族・パートナーとのつきあいかた、職場の対人関係ストレス、日常的な困りごとのご相談も承っております。また、リラクゼーションやストレスマネージメントにも対応しております。

なお、カウンセリングでお話されたことは、ご本人の許可無くご家族や職場の方に伝えることは決してありませんので、ご安心ください。

当院のプライバシーポリシーについて

心理士によるカウンセリング 

60分       11,000円(税込)
50分      8,800円(税込)
30分      5,500円(税込)

医師による家族相談

30分     11,000円(税込)

 
03.

​漢方治療

当院では、患者さまの症状に応じて漢方薬(保険適用)を取り入れております。

漢方は、まだ病気まで至っていない段階(未病)で効果を発揮します。

なんとなくだるい、体調が悪い、不安、イライラ、PMSなど、様々なお悩み・症状に合わせ漢方薬を処方いたします。

自然治癒力を高め、心身を整え症状を改善するものです。

抗うつ剤や抗不安薬に抵抗があるかた、妊産婦のかたや、薬を辞めたいかたにおすすめしております。

また、漢方を専門とする薬剤師(国際中医師)である吉富博樹先生と共同開発した、不眠・不安のための漢方茶(保険適用外)を、院内にて販売しております。

 
04.

​夫婦療法

夫婦やカップル間のお悩みやトラブル、離婚や性の不一致に悩んでいる方へのご相談やアドバイスを行います。(保険適用外)

また、必要に応じ、夫婦関係の修復をご希望の方へ、治療を行う場合もございます。

05.

​薬物療法

うつ病や統合失調症、双極性障害などでは薬を飲むことによって症状が改善します。不安障害、強迫性障害、パニック障害、社会不安障害にも効果があります。

しかし、症状に応じて、やみくもに薬ばかりが増えてしまう依存症などの二次的な障害を生む可能性がございますので、お薬を処方する場合は薬に依存しない助言や指導を行います。

 

薬のベネフィット(効果)とリスク(副作用)を十分に説明した上で、患者さまの同意の上で処方いたします。

なるべくお薬に頼らない治療を心掛けておりますので、お薬を減らしたい・辞めたい方もご相談ください。

07.

Aroma Therapy

​アロマセラピー

06.

​アロマセラピー

当院では2種類のアロマオイルを用意しております。

アロマセラピーとは香り成分で心と身体に働きかける自然療法です。

 

 

 

 

①リラックスを促すオイル。

不安や緊張が抜けにくいかた、眠れない、ストレスを感じているかたに効果があります。

②気分をすっきりさせ活動性を上げるオイル。

頭痛やだるさを感じているかた、疲れが溜まっているかた、意欲が湧かないかたに効果があります。

アロマセラピーを用いてセルフケアについてアドバイスします。

© 2020  AzabuJuban Mental Care Clinic